看板を見ていたらヨーロッパの林業風景を思い出した

ドライブをしているとふと、目にとまったものがあります。
いろいろな看板が世の中にはありますが、
先日はヨーロッパの林業風景を思い出したのです。
このエントリーでは、そのときのことを書き残しておきます。
ヨーロッパの林業風景はとてものどかで、古き良き日本を感じさせますよね。
あのような雰囲気が残っている地域であれば、
きっと和やかな毎日を送れるのではないかと思います。
今回は看板を見てヨーロッパに行った気分に浸れることができたので、とても幸せです。
こういった小さな幸せに触れられるというのは嬉しいことですよね。
これからも看板を見るたびにたくさんのことを思うのでしょうが、
欧州旅行に行った気持ちになれたことはインパクトがありました。

医薬翻訳を仕事にしている家族と

建築メーカーに勤めている友人は、年に一度まとめて
有給休暇を消化して家族旅行に出かけるそうです。
奥さんが医薬翻訳をして、その報酬をまるごと旅行資金として貯蓄しているため、
年に一度の海外旅行も実現できるわけです。
建築メーカーの友人の年収で十分暮らしていけるからというのもありますが、
将来の備えだけでなく、家族のリフレッシュのための旅行っていいですよね。
自分も将来はこんな生活ができるように頑張ろう。

東京の音楽スタジオとヨーロッパのスタジオの違い

先日、音楽家の友人がヨーロッパ各地での演奏旅行から帰ってきました。
レコーディングも行ったそうで、
東京の音楽スタジオとヨーロッパの音楽スタジオの違いなどを教えてくれたのですが、
専門的なところはよく覚えていないんですよね。
それよりもヨーロッパの音楽スタジオの内装を写真で見せてもらったら
木の温かみのある素敵な空間だったのが印象的でした。
内装だけならコンサートホールに見えなくもないです。
こういった違いは国によってあるんでしょうね。

中古機械の買取を検討していたので

友人のご実家が奈良県の吉野で林業を営んでおり、
取材がてら私も年に数回お邪魔することがあります。
今回は中古機械の買取を検討していると聞き、
ちょうど紹介できる業者が奈良にあったので引き合わせてきたんです。
吉野では年に1回「杣人(そまびと)選手権」という林業従事者の運動会?のような大会があり、
見学に行くのを楽しみにしています。
内容は大きな丸太をのこぎりで切る早さを競ったり、丸太を引いた徒競走だったり、
その横ではアユなどの川魚を炭火で焼いて売っていたり…。
時期を合わせて行ってきました(^^)

日本からautocadは持ち出せない?

今度、仕事でヨーロッパのとある都市に長期滞在する予定の建築家A君。
ヨーロッパの林業にも興味があるらしく、いろいろ情報をもらえそうで楽しみにしています。
3か月以上は滞在する予定なので、味噌や梅干し、カップラーメンなどのお餞別を
ガッツリ渡しておこうと先日お餞別をもってお邪魔してきました。
会社から滞在に必要なものをまとめて郵送してくれるそうで、
それならと段ボールいっぱい持っていったら大変喜んでくれました。
仕事道具はautocadの海外持ち出しができない関係で現地準備だそうです。

菅原一秀議員のミニ集会をきっかけに吉野へ

ふと思い立って奈良県の吉野へ行ってきました。
ずいぶん前に引っ越しはしましたが、実家がしばらく吉野にあったので、
当時の記憶を確かめるために行ったということもあります。
吉野と言えば吉野杉で、吉野は林業が盛ん。
大人になって興味が湧いた林業を見たかったんですよね。
実は、先日、友人宅で菅原一秀議員を招いたミニ集会があったのですが、
議員が帰ってから林業の話で盛り上がったのがきっかけでした。

がんカテーテル治療とはどんな治療法?

欧米系の友人たちは日本に来てから、
日本の医学はかなり信頼できるものだと絶賛しています。
病院が多いこともありますし、診察内容が簡潔で的確だとのこと。
常に死亡原因の上位にある「がん」の治療についても、
TVなどで最新治療を知るにつけ「素晴らしい」と、いつも話題にしています。
例えば、ピンポイントでがんへ抗がん剤を送り込む「がんカテーテル治療」については
私も「こんなに進化しているのか」と感心しました。

入浴剤で体臭をおさえられる?

欧米人は日本人に比べて体臭が強いといわれています。
だから香水文化ができたともいわれていますよね。
欧米の友人たちも、この体臭については長年格闘していると話していました。
特に日本は香水の匂いがあまり好きでない人も結構多いので、
香水以外の体臭予防方法を模索しているとのこと。
先日、ドラッグストアで入浴剤が体臭予防に良いというポップを発見し、
試しに買ってプレゼントしてみようと思います。
解消できるといいのですが…。

相模原で鍵を無くした友人は

昨日、相模原に出かけていた友人からSOSのLINEがあり
、どうも相模原で鍵を落としたらしく、探す方法が何かないかと尋ねてきたんです。
まず、今来た道や立ち寄ったお店などを確認してまわることが一番で、
その途中で交番やスーパーなどの大きな店舗があれば、
そこに届ける人もいるかも知れない、と返しました。
お礼のあと、しばらく音沙汰がなかったのですが、
2時間後に「見つかった!」とメッセージが。
途中の交番に届けてくれた人がいたようです。